最終更新日:


ニュー KD21世紀

肥後杉(アヤ杉)を有効に活かし,

高品質の乾燥木材を開発いたしました。



強度が強く,割れ,そり,曲がりの少ない高品質。

高周波・蒸気複合木材乾燥システム

kansouzai 高周波・蒸気複合乾燥は,従来の蒸気による熱気乾燥に 常圧の高周波加熱を組み合わせ,柱・桁・梁などの 大断面材の材芯部水分を迅速にかつ正確に除去し, 水分傾斜のない高品質な木材乾燥を作り出しています。










newkd21



種別

低含水乾燥木材

製品名

ニューKD21世紀

含水率

15%以下

 



       

材芯部まで均一に水分を抜く最新の乾燥メカニズム

naibu 高周波が材芯部加熱に有効であることは広く知られていますが,高周波が水分の多い材芯部へ選択的に作用し, 材芯部を100℃程度に加熱します。一方,外部の熱気温度は80〜90℃のため木材内に温度勾配が発生します。 その結果,内外面に大きな圧力差が生じ,水分の透過性を高めて材芯部水分が外に向かって積極的に押し出され, 乾燥の迅速化と水分傾斜の解消が図られ,理想的な乾燥が実現されます。







ハイテク乾燥

kama 最新の技術と時間をたっぷりかけたハイテク乾燥のため,害虫がつきにくく,あとでのくるいも少なくなります。












製品出荷

sykka 乾燥した材木の含水率,たわみなどが入念にチェックされ,住宅部材に適した木材のみが製品出荷されます。













このページのトップへ